4月2日、愛知県と新潟県の不動産会社様の新卒
社員合同研修を行いました。(参加者7名様)

■新卒社員研修(2日目)
①ビジネスマナー研修

【O様】
社会人としての自覚が足りていなかったことを思
い知らされました。社会人としてスタートしたと
思っていたが、マナー研修を受講してなんの準備
もできていないことが分かった。ひとつひとつの
ことに対する姿勢をしっかりと考えていきたい。

【I様】
アルバイトで接客業をしていましたが、そのレベ
ルではないことが理解できました。接客用語につ
いても、活用できていないことが悔しかった。
自分自身がしっかりしなくてはいけないことに気
づかせていただきました。

【N様】
今日の研修で、自分が社会に出られるような人間
でないことが分かった。ひとつの行動に時間がか
かりすぎる。準備が悪い。これでは力が発揮でき
ない。まわりに気遣いができていないことも指摘
された。名前を呼ばれたら返事をする。座るとき
の姿勢に気をつける。当たり前のことを当たり前
にできるようします。

【K様】
社会人としての自覚と覚悟がまったく足りていな
かったことを痛感した。「声が出ていない」、「
表情が暗い」、「姿勢が悪い」と様々な部分を指
摘されました。できていない自分に焦りといら立
ちを感じました。考え方を改めます。

【T様】
あいさつ、マナーは常に意識し、お客様や上司に
不快感を与えないスタッフを目指します。また、
まわりへの気遣いを忘れず、謙虚さと明るさを意
識します。

【O様】
自分では気づけない部分を多く指摘いただき、刺
激的な一日でした。と同時に「このままではいけ
ない」と思いました。笑顔、表情、姿勢、声の大
きさ、明るさ、営業の基本であること、お客様へ
の印象が変わること、自分にも会社にも悪影響を
与えることが分かりました。

【S様】
社会人になり「しっかりしなきゃ」と思っていたけ
れど、言われないとできない。スイッチが入るのが
遅い。素早く、美しく、正確にという意識が足りな
かった。「しっかりする」ということがどういうこ
となのかについて改めて考えながら、精進します。

しっかりしたマナーを身につけることは、社会人と
しての「財産」です。今日の「刺激」を忘れずにい
てください。明日もよろしくお願いします。