5月11日、福島県と栃木県の不動産会社様合同で
不動産売買営業研修を行いました。
(参加者8名様)

■不動産売買実務研修(1回目)
①不動産実務者に必要となる心構え
②エリアと物件知識の重要性
③販売図面とチラシの種類と目的
④マジック、オープンハウス
⑤不動産登記

【H様】
不動産業界でデジタル化が進んでも人間業である
ことは変わらない。お客様の印象に残るような営
業担当者になります。また設定した目標に対して
常に逆算するクセをつけ、宅建に合格します。

【K様】
お客様との会話の進め方に悩んでいましたが、話
の広げ方など実例を含めて解説いただいたので参
考になりました。チラシのキャッチコピーの作成
はまだまだ改善できると思います。

【I様】
他社の営業よりも評価されるためには「ちょっと
頑張ってみる」。最近はそのことを忘れていたよ
うな気がします。広告に掲載する写真の使い方に
ついても参考になりました。

【A様】
入社して1カ月。分からないことだらけですが、毎
日毎日勉強だなと感じます。業務のなかで分からな
いことが研修で理解でき助かります。

【K様】
先輩と同行した際に経験したことが理解できていな
い、座学で学んだことを忘れてしまっている。
もっと緊張感をもたないといけない。

【H様】
目標設定で、目標を持つことだけでなく逆算して日
々の具体的な活動に落とし込むことが大切という言
葉にはっとしました。同期と協力して宅建合格を目
指します。

【K様】
2年目を迎え、知識はついてきましたが、曖昧な理
解が改善できました。今後の研修も、後輩に分かり
やすく伝えることはもちろん、お客様への説明の際
も活用できるよう吸収していきます。

今回もお疲れ様でした。
これから1年間の研修が続きます。
引き続きどうぞよろしくお願い致します。