5月22日、某大手不動産会社様の売買仲介実務研修を
開催いたしました。(14名様)

■売買仲介実務研修(1回目)
①お客様の気持ちと心理を考える
②エリアと物件知識の重要性
③反響応対(電話、メール)
④購入顧客との初回面談

【E様】
お客様のメールに一文気の利いた一言を加えるだけで、
全体の印象が変わること。夢のような条件で探している
お客様に対して、すべての条件をかなえてあげられなく
ても、しっかりと説明し、ご理解をいただければ一部の
条件を満たしているものでも決めていただける努力をす
ることの必要性が理解できました。お客様のパートナー
として選んでいただける営業マンになりたいです。

【U様】
細かい部分の営業スキルではなく、お客様目線での講義
で初心に戻れました。

【N様】
今は業界に入ったばかりで、消費者目線を持てている。
この感覚を持ちながらプロとしての知識や経験を積み上
げていきたい。ネットやメールが主流となっている中で、
お客様と直接お目にかかれる数が減っているが、会うた
めの工夫、案内に誘導するための工夫を続け「率」を上
げるために営業スキルを磨いていきたい。

【S様】
不動産仲介は「人」が重要な要素をとなるため、接客の
部分がとても大切です。接客に対して苦手意識がありま
したが、今日の研修を聞いて、仕事に使える部分が見つ
かりました。

【T様】
今日学んだことは特別難しいことではなく、意識をすれ
ばできることばかりでした。物件を提案すればいいと思
っていましたが、それだけでは不十分で、お客様の話を
聞いて、その内容を考慮しながら紹介することが大切で
あると理解できました。

【N様】
今まで考えたこともなかったお客様の心理や気持ちを考
えたことで、不動産仲介業が少しわかったような気がし
ます。また今行っている業務に重なる内容の研修でした
ので、明日から業務に取り入れます。
自分のプロフィールは作って、営業で使ってみたいです。
早く接客したくなりました。

【K様】
私たちの役割はお客様を契約に導いていくこと。そのた
めにエリアの知識はもちろん、専門知識も重要です。
接客から案内、案内から契約へ導けるよう学んだことを
活かします。

【A様】
聞くことの重要性が理解できました。また聞いたことに
対応するために「情報」がとても必要となることにも気
づけました。気づいたことを自分のものにできるように
していきます。

【K様】
今日の研修で印象的なことが二つありました。ひとつは
売主目線と買主目線を考えた営業姿勢です。ふたつめは
反響の応対です。お客様の心理を考えながら、迅速かつ
丁寧に対応するということです。難しいことですが臨機
応変に対応できるよう努力します。

【S様】
お客様の心理を考えるワークでは様々な意見を聞くこと
ができ、お客様の考え方・価値観を意識した営業が必要
であることが理解できました。
また、接客部分ではお客様に購入に必要な知識を持って
いただくために、まずは自分が学ぶことが重要なことに
気づけました。

【Y様】
配属後に悩んだのがメール応対と電話応対でした。
マナーを十分に理解できていない上に、直接お目にかか
ることなく、正確に内容を伝えられるかどうか不安です。
書面だけで内容を伝えられるよう努力します。

【K様】
改めて不動産の仕事の奥深さと難しさを感じると同時に、
楽しさも知ることができました。現場で活かせるよう復
習します。

【Y様】
ひとりひとりの価値観は違うこと、求めているものも違
うこと、それを確認するために「聞く力」が求められる
ことが分かりました。基礎からの研修でしたが、とても
ためになりました。

【N様】
お客様からの問合せにメールや電話で対応するためには
「この人に会ってみたい」と思っていただくこと。そん
な対応ができるといいなと思いました。お客様とはでき
る限り時間をとって、お客様の本心を聞かせていただく
大切さを学びました。接客について色々と学ぶことがで
きたので、実務で試してみます。

今日から14回の研修がスタートしました。
座学とロールプレイでスキルとマインドを磨き、お客様
から選んでいただける営業パーソンを一緒に目指してい
きましょう。
真剣に受講をいただき、有難うございました。
次回もどうぞよろしくお願い致します。