5月31日、某大手不動産会社様の売買仲介実務研修を
開催いたしました。(18名様)

■売買仲介実務研修(2回目)
①お客様のランク分類と効果的な追客
②目標設定と営業計画の立案
③案内物件の選択と訴求ポイント
④案内前のセットアップ
⑤物件への案内
⑥クロージング

【O様】
売買仲介業務について、普段聞くことのできない仕事
の進め方や気遣いについて学ぶことができ、とても有
意義でした。 

【N様】
エリアや物件の特徴をお客様ニーズに結びつけること
で、有効なプレゼンとなることが理解できました。
お客様にとっても、実際に生活したときのイメージが
膨らむので有効です。

【K様】
印象的なことが二つありました。自分の営業目標を達
成するために必要な行動量を数値化して考えること。
思っていたよりも大きな数字となり驚きました。
二つ目は特徴だけをプレゼンしても意味がなく、お客
様の利益につながるような表現が必要なことです。

【T様】
今も物件を価格、間取り、エリアに分類して整理して
いますが、今日の研修を聞いて、もっと考えて物件を
見ていかなければならないことが理解できた。
研修で学んでいることは決して難しいことではありま
せん。やろうと思えばできることばかりです。実践し
ます。

【K様】
お客様をランク分けしてお付き合いを行うことで、お
客様にとっても営業担当者にとっても有効なことが理
解できました。お客様と出会ってから、クロージング
までの間で重要なことは物件とエリアの知識。
その知識があれば、提案の質が変わります。

【E様】
営業とて数字や効率を上げるために行うべきことが多
く学べました。お客様の心に刺さる気遣いは一般顧客
だけでなく、法人取引でも有効です。

【K様】
多くを学びましたが、最も印象的だったのが、クロー
ジング段階の価格交渉についての対応でした。

【Y様】
お客様のお話を「聞く」重要性。自分目線ではなく、
お客様目線で考え、行動する大切さ。プレゼンテーシ
ョンはヒアリングの深さで良くも悪くもなることが理
解できました。

【N様】
目標設定についての考え方が理解できました。常に逆
算して考え、行動していくことが大事であると感じま
した。結果を出すためにはその前段階の準備が大切で
す。意識していきます。

【M様】
営業としてとても大切なことを叩き込まれたような一
日でした。

【N様】
物件やエリアの知識を身につけることで、お客様に明
確なイメージをもっていただき案内に誘導をすること
ができる。他社との差別化をするためのツールも現場
で活用します。

【A様】
「ストーリーを描いて案内をする」という部分が印象
的でした。そのために必要な物件やエリアの知識を身
につけ、現場で実践していきます。

【S様】
「特徴を利益に変える」という部分に苦手意識があり
ます。自分主体でなく、「お客様の気持ちに寄り添う」
ことの重要性が再認識できました。

【S様】
お客様をランク分けすることの必要性が印象に残りま
した。自分の時間とお客様の時間を意識すること、緊
急性の高いお客様に自分の時間を使うことが自分の生
産性を上げることにつながることが理解できました。

【W様】
初めてお客様に会ってから、クロージングまでお客様
の感情の変化を意識してコミュニケーションを取る必
要性が理解できました。残り12回の研修も自分の中に
落とし込み、自分の営業をより一層レベルを上げてい
きます。

【Y様】
営業計画の立案は理解していたつもりでしたが、今日
の話を聞いて、目的や難しさへの理解が浅いと感じま
した。私たちのひとつひとつの行動が、お客様に変化
をもたらす。そうなるためには、より一層の知識の習
得が必要です。勉強します。

【A様】
営業スキル、建物の知識、自分に知識の少なさに愕然
とした一日でした。勉強をすることはもちろんですが、
営業現場で活用できるよう実践します。

今回も長時間の研修を受講いただき、有難うございま
した。次回もよろしくお願い致します。