9月3日、福岡県の某ハウスメーカー様にて、建築・
不動産営業実務研修を行いました。
(参加者21名様)

■①重要事項説明書解説
 ②重要事項説明書の作成演習
 ③覚書作成演習

【H様】
契約書、重説作成に携わったことがないので、今
後契約を上げた時今回の研修をしっかりと思い出
して実務に活かせるようにします。

【H様】
まだ一人で作成することは無いのですが、少しで
も早く一人でできるようになり営業所の役にたち
たいです。

【W様】
買主様に理解していただく為に絶対に必要な知識
だと感じました。営業に+αします。

【M様】
重説や登記事項要約書、土地・建物の登記事項な
どひとつひとつ完璧でないかもしれませんが、本
日理解できました。

【T様】
見るポイントが決まっていたので、改めて基準法
以外の制限の概要等、量の多さ、細かく記入され
ていることを知りました。

【I様】
お客様に説明するためにはまず自分が一番理解し
ておかないといけないので、今日分からなかった
ところは先輩に聞き理解しておきます。

【N様】
重説は契約する上でとても大事な書類なので注意
深くチェック等を行いながら作成します。

【K様】
ひとつひとつ物件いよって表示や規制が変わるの
で重説のチェックを今よりも早く正確にできるよ
うに努力します。

【N様】
表面上だけ覚えるのではなく、きちんと内容まで
理解し日々の業務に励みます。

【S様】
重説はお客様を安心させる一つのツールだと学び
お客様に聞かれた事に対して答えられる事が良い
不動産業者だと心から思いました。

皆様、本日は長時間研修お疲れ様でした。
受講有難うございました。
次回もお願いいたします。