9月18日に、平成30年都道府県地価調査(7月1日時点の地価)を公表しました。
平成29年7月から1年間の地価の動きは、全国平均では、全用途平均が平成3年以来27年ぶりに下落から上昇に転じました。

用途別では、住宅地は下落幅の縮小傾向が継続しており、また、商業地は2年連続で上昇し、上昇基調を強めています。
東京・大阪・名古屋の三大都市圏については、住宅地、商業地とも各圏域で上昇基調を強めており、さらに地方四市(札幌市、仙台市、広島市、福岡市)では三大都市圏を上回る上昇を示しています。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
平成30年都道府県地価調査