1月11日、熊本県の某不動産会社様にて売買営業
研修を行いました。(参加者8名様)

■売買営業研修(5回目)
 ①売却見込客との初回面談
 ②査定時に売主様に伝えたい建物の価値
 ③価格査定報告書の作成
 ④価格査定報告書のプレゼンテーション
 ⑤復習/資金計画演習

【M様】
査定価格の根拠。市場性、流動性を売主様に伝え
ることは有効。資料を整理します。
また他社との差別化のためにも建物の知識は必要。
勉強します。

【M様】
売主様と会話をするときには、査定価格に関する
ことだけではダメ。特にこだわりをもって自宅を
建てた売主様の気持ちや背景も意識することが大
切だ。玄関ドア、サッシ、窓のグレードなど、細
かい部分に気づくことができれば、他社との差別
化になる。雑談、雰囲気作りをもっと意識します。

【N様】
売主様との商談は雑談70%、査定30%。確かに上司
に同行した時に、査定のことよりも雑談を通じて、
売主さまと信頼関係を作っています。
もっと建物のことを勉強して、売主様に好かれ、
信頼される営業になります。

【M様】
今も査定の前は上司からの指導もあり、資料をしっ
かりと準備しています。ただしスピードが遅く、準
備に時間がかかってしまうので改善していきます。
資金計画のテストは満点でしたが、まだまだ不安な
部分もあるので、復習します。

【S様】
売主様と会うときに持参すべき資料やデータ、初回
と再面時では、目的が違うので持参する資料も異な
る。今まで売主様の物件や希望が分からない状態で
価格を提示していたので、今後は場面ごとの目的を
より意識しながら対応していきたい。

【M様】
自社の契約件数、自社の受託後成約率がインパクト
のある数字であることが理解できた。マーケットの
知識、データや資料を使いながら、マンション売却
のお手伝いができるようにしていきます。
資金計画は理解はできていたのですが、問題をよく
読んでいなかったので間違えてしまいました。
復習します。

皆様、本日も長時間研修お疲れ様でした。
受講有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。