■「現在の土地取引状況の判断」についてのDI(「活発である」-「不活発である」)は、「東京」は前回調査(平成30年8月調査)に比べ8.8ポイントの減少、「大阪」は11.6ポイントの減少、「その他の地域」は0.8ポイント減少した。

■「1年後の土地取引状況の予想」についてのDIは、「東京」は12.9ポイントの減少、「大阪」は14.8ポイントの減少、「その他の地域」は6.8ポイント減少した。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo05_hh_000167.html