社会資本整備審議会産業分科会不動産部会では、不動産業に携わるすべてのプレーヤーが不動産業の持続的な発展を確保するための官民共通の指針を、およそ四半世紀ぶりに「不動産業ビジョン2030~令和時代の『不動産最適活用』に向けて~」としてとりまとめました。

くわしくはこちらから。
 ↓↓↓
http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo16_hh_000190.html