8月6日、某大手不動産会社様にて売買仲介営業
研修を行いました。(参加人数12名)

■ 売買仲介営業研修(10日目)
 ロールプレイング研修(クロージング1回目)

【S様】
相場の説明ができなかったので、次回は研修準
備をしできる様に心掛けます。

【O様】
しっかり準備できたので今までで一番うまくい
ったと思います。ただ地価の上昇している要因
やグラフなどは、まだ分かりづらいので改善し
ます。

【T様】
クロージングは一番大事な場面になります。お
客様の購入意思に対して対応しきれなく申込書
を書いていただけなかったので、次回までには
改善します。

【K様】
満額で買付をもらうためには価格の妥当性、適
正価格、買い時などご理解頂く事が重要でした
が少し甘いところがあり、満額でもらうことが
できませんでした。次回は満額でもらえる資料
を用意します。

【A様】
三物件のうち一物件を選ぶ内容でしたが、一物
件の資料しかなく、比較対象を説明できません
でしたので次回は準備します。

【S様】
正直実務ではここまで資料を準備することは難
しいこともあると思うので少ない資料でも相手
を納得させられるような話し方や知識を身に付
けなければならないと思った。

【F様】
今回チョイスした借地物件の相場比較としての
エビデンスとして的はずれでしたので次回は資
料の準備と価格に対する説明を行えるようにし
ます。

【K様】
クロージングは宿題にできないので、今までよ
りも準備する資料はかなり多くなると思った。
今まで以上に金額について詳細な話になるし知
識も必要である。

【F様】
有明についての知識や説明は自信を持ってでき
るようになってきた。あとは税やローンの知識
をもっと深めていく必要がある。

【O様】
資料や話したい事を用意しすぎて早口になって
しまったり、情報過度になってしまいました。
準備をしっかりしていたので分からない事が少
なかったことは良かったです。

【O様】
販売図面に関しても、自分の中で万全のつもり
で挑んだのですが、まだ理解が足りていない部
分が沢山ある事に気付かされました。

【T様】
相場説明や指値への対応が難しいと感じました 。
特に指値の対応は言い回しによって売主様側よ
りの対応だと思われることもあると思うので、
きつい指値が入った時の対応が大事になってく
ると思いました。

【K様】
エリアの相場も実際業務で取引しているエリア
だったのでやりやすかった。しかし資料を沢山
作ったものの資金計画のところで躓いたので次
回までに復習します。

今回も長時間お疲れ様でした。
受講頂き有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。