8月21日、大分県の某社様主催の3社合同研修を開催
しました。(参加者9名様)

■ 売買仲介営業研修(8回目)
 ①復習(契約行為)
 ②ロールプレイ研修(案内誘導からクロージング)

【O様】
今日は営業担当者役をさせていただきました。今まで
は「新耐震基準なので安心です」、「バスルームは、
1620のサイズです」としか説明していませんでし
た。新耐震と旧耐震はどこが違うのか、エリア内のマ
ンションに使われているユニットバスの標準的なサイ
ズは何か、という知識や情報を持っていないとお客様
にメリットとして伝えることができず、質問されて答
えることもできません。自分で調べてみます。

【S様】
再来店のお客様であれば、事前に準備できることはた
くさんあります。そして準備をしっかりとしておくこ
とで、自信をもってお客様に説明をすることもできま
すし、質問にしっかりと答えることができれば信頼し
ていただくことにもつながります。いつ、どのような
場面でも対応ができるように、ロープレを繰り返し行
い、準備をしていきます。

【E様】
今日はロープレで営業役を担当しました。自分では理
解しているつもりであったことが、説明しようとする
と表現できない。資料に書いてあることの本質を理解
できていないことが原因です。とても悔しかったです。
改めて勉強し、しっかりとお客様に対して説明できる
ようにします。

【N様】
4名様のロールプレイをオブザーブさせていただき、
自分が接客する際に取り入れたいと思ったことは、
「心地よい声のトーン」、「資料の準備と活用」、
「専門用語は使わない」。そして学ぶことの重要性も
理解ができました。お客様からの質問に答えられない
と信頼を失います。勉強します。

【T様】
現在当社では初回面談のロープレしか行っていませんが、
今日の研修でクロージングのロープレも行うべきと思い
ました。実際にいろいろなケースで体験することにより、
やってみて気づくこと、他人の接客を見て気づくことが
あると思います。一人一人の営業を検証し、案内後成約
率を上げていきます。

【N様】
当社内には売買営業において経験の長い営業が少ないた
め、なかなか実務的なアドバイスをいただくことがあり
ません。今日の研修でクロージングに必要となる知識や
準備しておくべき情報が分かりました。
お客様にしっかりと説明できるよう勉強します。

【H様】
クロージングの難しさ、買い時提案、ライフプランの提
案、もちろん物件の説明の質について考えさせられまし
た。学び続けること、マッチング表やハザードマップを
活用すること、成約事例などで価格の妥当性を説明する
準備をしておくことなど、やるべきことが見えました。

【M様】
案内誘導の段階からクロージングへの流れを意識しない
といけないことが理解できました。
私以外の3名様のロープレを見て「真似したい!」と思
えることがたくさん見つかりました。

【N様】
中古住宅を購入する方への対応にリフォームの知識が必
要となることが理解できました。また物件周辺に住んで
いる方々とのコミュニケーションも営業の場面で役に立
ちます。これから営業を始めていくことになりますが、
丁寧な言葉遣い、わかりやすい説明を意識していきます。

今回も長時間の研修を受講いただきまして有難うござい
ました。9月はセルコン期間。皆様のご活躍を心よりお
祈りしております。
有難うございました。