◆上昇地区数の割合が6期連続して9割を上回る。
 緩やかな上昇(0~3%の上昇)の地区が69地区で最多。
◆大阪市の商業系3地区(西梅田、茶屋町、新大阪)で
 上昇幅が拡大し、6%以上の上昇となった。

詳しくはこちらから。
 ↓↓↓
http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo04_hh_000162.html