■全国平均:全用途平均は2年連続で上昇し、上昇基調を強めている。用途別では、住宅地は下落幅の縮小傾向が継続、商業地は3年連続で上昇。

■三大都市圏:全用途平均・住宅地・商業地のいずれも各圏域で上昇が継続している。

■地方圏:住宅地は下落幅の縮小傾向が継続しており、商業地は平成3年以来28年ぶりに上昇に転じた。

くわしくはこちらから。
 ↓↓↓
http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo04_hh_000164.html