9月20日、静岡県にて2社合同の売買営業研修を
行いました。(参加人数10名)

■売買営業研修(7回目) 
 ①物件調査(後半)
 ②売却顧客との初回面談
 ③売主様に伝えたい建物の価値
 ④価格査定報告書の作成
 ⑤価格査定報告書のプレゼン

【O様】
今までのデータ収集が少なすぎました。資料の見やす
さや説明ばかり気になって相手の反応を疎かにしてい
たので相手の立場を考えた形に変えます。

【S様】
納得させるためのデータや根拠、裏付けを用意し、ク
ロージングを見たプランを立て、実行します。

【K様】
建物価値がとても分かり易く参考になりました。売主
様との面談で能力開示として活用します。

【F様】
すぐに応用できる内容だったので勉強になりました。
お客様に納得していただくため貪欲に勉強します。

【F様】
売りと買いではアプローチの仕方が違うと具体的に理
解することが出来た。同じようなアプローチでした。
改善します。

【K様】
売主様との面談では基礎となる知識。復習し、実践で
活用していきます。

【S様】
自分を売り、信頼していただくことでお客様は査定価
格の信頼性も高くなります。準備を怠らず、分かりや
すくアドバイスできれば人間関係も構築でき、受託率
は高まる。今後の課題にしていく。

【M様】
希望日まで日数があるお客様が多く、どうしても売出
価格が高くなる事が多かったですが、相場に近い価格
で売り出していただくためには、事前に伝えるべきこ
と理解していただくべきことがあると分かり助かりま
した。

【M様】
後からクレームにならないよう先に説明し布石を打っ
て置く事、査定する上では価格の根拠を伝えることが
大事だと思いました。

【S様】
査定時には上司に頼ってしまう事が多いので、今回の
内容を活かしどのような準備をするか考えていきます。

長時間の研修、お疲れ様でした。
受講いただきまして有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。