10月11日、福島県某社様にて売買仲介営業研修を
開催いたしました。(参加者6名様)

■ 売買営業研修(6回目 )
①物件調査と重要事項説明(後半)
②重要事項説明書とその記入方法
③売買契約書の逐条解説

【K様】
売主、買主を守ると同時に、宅建業者自身も守
る為に重説や契約書の作成にあたります。
区分所有建物に関しても、大規模修繕など新し
い知識が増えたので、今後活用します。

【T様】
物件調査について今まで気にしていないことも
ありました。今後はしっかりと確認して説明で
きるようにしておかないといけないことに気づ
きました。何があるか分からないことと改めて
感じました。

【N様】
契約書、重説で報告しなければならない物の確
認や登記は何故行うのかなど、何気なく条文の
読み合わせを行っていたが理由を深く学ぶ事が
できた。

【S様】
自分の調査不足によって売買契約の履行が上手
くできなかったりしないようにしっかり調査を
します。

【T様】
民法、業法、消費者契約法、商法、売主の立場
によって契約書の内容も大きく異なる。気をつ
けます。

【S様】
重説や契約書に入れたほうが良いものを理解す
ることで、取引の際に気付きができるようにな
りたいです。

本日も長時間研修お疲れ様でした。
受講いただき有難うございました。
次回もよろしくお願いいたします。